ボデーショップタカタグループ

クルマのこと【まるごと】おまかせください。
カーライフをトータルに捕らえ、オリジナルパーツの開発・モータースポーツマネジメントから、板金塗装、メンテナンス・車検まで的確にサポートする。
それが、私たちボデーショップタカタグループの使命です。



bts2.png  フレーム修正・コンピュータボディーフレーム計測 / 板金塗装・コンピュータアライメント
 メーカー品質保証認定工場 / 県知事指定車引取り・解体業
 中古モータースポーツ用品販売 / レース用オリジナルドグミッション開発・販売

板金塗装部門 本社:有限会社 ボデーショップタカタ
        bts.jpg
〒739-1805
広島県安芸高田市高宮町原田3969
TEL (0826)57-1717  FAX(0826)57-1506

昭和50年設立の老舗板金塗装のお店です。
その技術は高い評価を受けており、
カーディーラー及び保険会社との信頼関係も強く結ばれています。
板金塗装技術はそのまま本社に残し、
新たにチューニングショップとして設立されたのが タカタテクノサービスです↓

tis2.png 陸運局認証工場・チューニングガレージ
チューニング部門 PRO SHOP タカタテクノサービス
    tis.jpg http://www.takata-techno.com
〒739-1802
広島県安芸高田市高宮町佐々部962-7
TEL (0826)57-1996  FAX(0826)57-1996
URL; http://www.takata-techno.com 

電話番号にも使われている【1996】年にAコープ内テナントOPEN
テナントに隣接して陸運局認証工場を設立。タイヤショップとしても活躍していきます。
勉強熱心な店長を中心に、県内でも当時珍しかったホイルアライメントテスター導入を始め
コーナーウェイトゲージ、ダイナパック、Gスキャン(故障診断ツール)など
最新鋭の機器を使いこなしていきます。
様々なチューニングの知識を培って行く中で
その中でも特に難しいとされる、自動車コンピュ-ターチューニングの資格
HKS Fcon Ⅴ-proマイスターの試験に合格し
HKSパフォーマンスディーラーとしても認められています。
2013年、新たなホイルアライメントテスター導入。HUNTERホークアイ
日本国内で最速の導入となる最先端の機械の導入により、作業効率もアップしています。
約17年、認証工場として車検整備も頑張ってきましたが、
本社ボデーショップタカタが新たな工場を設立、国土交通省中国運輸局指定工場の資格を獲得したため、
チューニングショップに専念する体制が整いつつあります。
認証工場としての資格は残っている為、分解整備も合法にて行う事ができ
構造変更など、改造申請の手続きも合法チューニングをモットーに日々勉強を続けています。

ボデーショップタカタ民間車検場OPEN↓

 国土交通省中国運輸局指定整備工場・コンピュータシステム診断認定店
 
車検部門 民間車検場 ㈲ ボデーショップタカタ
        bts.jpg 
2012年春、本社板金塗装工場の隣に、陸運局認証工場設立
国が定めたテスト期間及び車検台数を確実にクリアし、2012年12月
国土交通省の認可を受けた民間工場として本格的に始動しました。
安芸高田市では唯一、県内でも珍しい【1級整備士】が整備力を発揮します。

車検が可能なのは、軽自動車から小型二輪・小型四輪
普通自動車(乗用)から4トントラック・バスまで幅広い車種に対応しています。

2013年5月には、1級整備士が更に規定の研修を終えないと認定されない
コンピューターシステム診断認定店(故障診断プロフェッショナル)広島県第1号を獲得
次世代の車輌故障診断に対応していきます。



testa2.png JAF公認ダートトライヤルコース
オフロード部門 テクニックステージタカタ(TESTA)
 testa-rogo.jpg
〒739-1805
広島県安芸高田市高宮町原田3969
TEL (0826)57-1717  FAX(0826)57-1506


昭和59年5月、山の斜面を削って道をつけただけの【練習コース】として開設

モータースポーツとは無縁の存在だった社長だったが、
たまたま板金工場に入庫したダートラ車の整備を手がけたことが開設のきっかけとなる
競技車のオーナーが『近くに走る場所がない』と言うと『それならわしが造ってやろう』と
ダートトライアル場の整備を思い立った。

曲がりなりにもコースが完成してから3年後、
現在の全日本選手権シリーズの前身である【JMS全国転戦ダートラシリーズ】がスタート
全国ツアーの舞台にふさわしい環境にまで整備が進んでいたテスタは
シリーズ第2戦として初めて全日本戦を迎える
初のビックイベント、西日本ダートラフェスティバルでは国政久郎がMR2で総合優勝を飾る
翌年、田嶋伸博がツインエンジンカルタスでデビュー、
ギャラリーが5000名を超えるイベントとなる。
昭和63年、全国ツアーシリーズは正式にJAFの全日本選手権のタイトルを掲げられ
デビュー以来連戦連勝だった大井義浩も広島にやってくる事となる。
平成7年新コース開設、キャロッセコーナーと名づけられる。
以後26年間、【選手の誰もが満足するような最高の条件でイベントを開催する】をモットーに、
社長自らコース整備を続け、現在の全国屈指のダートトライアル場となる
   


ts-t2.png JAF公認オンロードタイムトライヤルコース
 TS タカタサーキット
 tstakata-rogo.jpg
〒739-1805
広島県安芸高田市高宮町原田1378-2
TEL (0826)59-0055  FAX(0826)59-0086
URL; http://www.ts-takata.com

平成14年OPEN

当時オリジナルドグミッションや、クロスミッション開発をしていた社長は
その性能を行かせるステージを自ら造りたいと考えるようになる。
近隣の方の了解を得る為、1件1件の家を回り
時には説教を、時には激励を受けながら、近隣住民の了承を得て着工に至る。
ダートトライアル場と同じく自ら重機のレバーを握り、仲間の協力も得て
構想から3年かけてようやくサーキットが完成する。
テクニックステージタカタ1000メートルのサーキット。
TS1000タカタサーキットと名づける
OPEN当初、ドリフト走行を許可していたのは数日間
その数日間に何があったかは言うまでもなく、その後ドリフト禁止のサーキットとなる。
近隣住民の協力への感謝と心遣いを忘れず、音量規制を徹底する。
OPEN後も土地の利用交渉は続き、わずか3年でコース延長を果たす
【すり鉢】と呼ばれるコーナーに向けての新コース高速コーナーが完成
最終コーナー手前にシケインを設ける
この時コース延長となったのでTS1500タカタサーキットとなる。
その後も【最高のステージ】精神は変わらず
わずか2年後に舗装の打ち換えを行い、排水性の良いハイグリップのコースになる
平成21年には正式にJAFの公認コースとして認められ、
全日本ジムカーナなどの全日本戦も開催されるコースとなった。
平成25年、更にコースレイアウト変更。すり鉢からの立ち上がりを外側に広げ
最終コーナーをおお外周りのコースに拡張する。シケインの廃止

現在では軽耐久がシリーズ開催、スーパーモタードのエリア戦や全日本戦
ミニバイクなどのシリーズ戦、ディレッツァチャレンジも開催されている。


DYNAPACK 5000 シャーシーダイナモメーター 4WDモデル

愛車のパワーを測ってみませんか?
●測定費用 2WD車両 ¥10,000~
         4WD車両 ¥12,000~
●1000馬力まで測る事ができます。
●パワーチェックにかかる作業時間は、  2WDの車両で30分程度(測定器へのセット時間含む)  4WD車両で1時間程度です。  ※エアロの装着等、車両の状況によって  作業時間の延長や別途費用がかかる場合があります。 ●要予約 ●土・日の作業も可能です。
  コンピューターセッティングに!! エンジン・ミッションの慣らし運転に!! 極限まで性能を高められたレースエンジンは、高度なセッティングが要求されます。 ローラーとタイヤの間にスリップが発生しないダイナパックは、 急激な出力変化にもデーターが追従し、その性能はエンジンベンチにも匹敵します。 また水冷の負荷装置により、連続テストや耐久テストでも高い精度を維持することができます。 当店では、tcf(トラクションファクター)を1.0に設定しております。

DYNAPACK 5000 シャーシーダイナモメーターは、 ローラーではなくハブに直接測定機械をセットする為、 限りなく正確な数値が出ると言われているのですが、 この数値をローラータイプの数値に換算する項目が『tcf(トラクションファクター)』です。 この数値を1.2や1.3にすることで、ローラータイプで計測した数値に換算するということですが、 当店で計測した車輌に関しては、この数値を『1.0』にしてあり 実際にその車輌が出したパワーとトルクをそのままの数値で表してあります。

ホイルアライメント調整

HUNTER
4輪トータルホイールアライメントテスター完備
ホイルアライメントの調整はどこのお店でやっても同じというわけではありません。

テスターで測定したデータに沿って調整さえすればいいというものではないのです。
車によって調整箇所や調整幅も違ってくる上、車に合った調整が必要な為、 アライメントの影響による車の挙動変化を熟知したプロフェッショナルの技が必要なのです。 タカタテクノサービスには、各カテゴリーで走行されたお客様のお話を基に 車のアライメントをセッティングできるプロフェッショナルがいます。
『車がこうなったときこうなるからこうしたいのだけど』というお話を参考に それぞれの車がお客様のお好みの動きに限りなく近づく様にセッティングいたします。
もちろん車高を下げられただけのお客様や、溝にタイヤを落としてしまった等 アライメントが狂ってしまったかもしれないから測定して欲しい というお客様の相談も親身にお受け致します。

ワイドボディ公認車輌製作

ワイドボディー車輌製作、3ナンバー公認手続き代行も行っております。

鈑金・塗装

ボディーショップタカタでは3つの塗装ブースを所有し
すり傷などの小さいものの補修から事故車の鈑金塗装・全塗装までを行っています。
その技術は高い評価を受けており、遠方からのお客様にも数多く利用して頂いております。
エアロの塗装・取り付け(エアロパーツ持ち込みでの作業も歓迎)
フレーム修正機も充実。
各カテゴリーの競技車製作可能。
パイプフレームから創り上げたダートトライアル車輌、
BST-01(GTOカウル)は全日本戦にも参戦しています。
スポット増し・ボディ補強もできます。